Kannonaudioの最初のスピーカーは2008年我々Kannonsound laboratoryのチームによって日本の北海道で製作されました。 

2008年に日本の小さな作業場からスタートした我々はKannonaudioの最初のスピーカーは2008年我々Kannonsound laboratoryのチームによって北海道で制作されました

初めに北海道のとあるClubからSubウーハー制作の相談を受けました。しかし我々Kannonsound laboratoryのチームは、長年構想にあったスピーカーシステム実現のためClub側に

「我々の理想のスピーカーを実現したい」と交渉し、了承を得ました。

我々は理想のスピーカーを実現するために全ての予算を材料に使い、そして納期までの全ての時間を制作のみに使い、可能な限り理想に忠実なスピーカーシステムを作り上げました。

そうして作られたのが最初のスピーカー SYSTEM100です。

2008年

当初は3D CADは使用せずに、分度器、コンパス、定規と計算機を使い紙に設計図を書き、
設計図が出来たらスタイロフォーム等を使い設計図通りの疑似模型を製作、その後手作業にてスピーカーを制作していました。

2008年に日本の小さな作業場からスタートした我々は、2018年にルーマニアに工場を見つける為に設計・技術者を派遣しました。
現在、ルーマニアの工場は小さいながらも、大型機械やCNCルーターを完備し、ルーマニア人と日本人で協力しスピーカーを製造しています。

以前の作業場風景

現在の工場